GG グラデーション

ワックスのような深い艶、強撥水と強滑水能力共有。強撥水タイプでありながら汚れにくい究極のガラスコート。「艶あり塗装部位推奨」

従来の撥水タイプのガラスコートは超撥水だろうと強撥水だろうと、「ただ撥水するだけ」で水の玉が転がるわけではなく、ボディ上に長時間滞在するために汚れを常に寄せ付ける物でした。

撥水タイプのガラスコートは汚れやすいボディを作り上げてしまう。

この矛盾した状態を打開するために、強撥水と強滑水の異なる能力を同時に有しているガラスコートを販売します。

強撥水なのに水の玉が滑るように落ちる為、非常に汚れにくいボディを形成します。

ケイ素含有率55%。完全硬化後は6H前後の硬度を実現。

 

常温1液硬化型で簡単施工 自動に撥滑水トップコートとプロテクションベースコートに分かれる2層式構造です。

鉱物油系溶剤やさまざまな油脂類などの酸化物質は含まず、酸化は一切しません。

無溶剤(VOCレス)特性のため作業者への安全性を考慮。

オルガノシロキサンオリゴマーと高密度珪素(55%含有)が結合し、撥水作用にフッ素等を使用しない次世代型ハイブリットナノガラスコーティングです。

 

自然に付着する汚れなどを離剥する能力を有しています。

 

一番左が一般的な強撥水ガラスコート 真ん中がグラスグロス(GG) 一番右がノーマルボディとなります。

見本

施工後ノーマルボディとGGの色味の違いがはっきり見て取れます。

DSC00478

実際に雨が降ったあと 強風が吹き 黄砂が舞って乾燥した状態です。

DSC00762

 

ノーマルボディ・強撥水ガラスコーティングよりもGGの方が圧倒的に汚れていない事が分ります。

水玉がジワジワ転がってボディに付着している水分量が少なかったという証明とも言えます。

 

実際に水をかけた際の動画です。シャンプーも弾いてしまいます。

 

ガラスコーティングはワックス程は光沢が出ないという常識を覆す究極のガラスコーティング。

GGはガラスコーティングとしては異例なほど艶感など光沢が上がります。

それはワックス仕立てのようなグロス感をだします。

撥水はもちろんガラスコーティングのそれで、さらに他の撥水系ガラスコーティングより圧倒的に汚れない。

なおかつ重ね塗りが可能な特殊タイプです。

DSC00763

また、強撥水剤 滑水剤をベースコートにも練りこんであるため、従来のトップコートのみのガラスコーティングより撥水等が長持ちします。

当店は硬度 膜厚 艶 共に「塗装面」との相性が良い為「艶あり塗装部分」「樹脂部分」に使用しております。

重ね塗りの観点から粘度をあげてあります。よって塗布にも若干の労力が必要です。

また、拭きあげ等は若干の労力を必要とします。

撥水トップコートが物理的な摩擦 研磨剤等で壊れてもベースコートは強固に残ります。
よほどの事が無い限り、下地の塗装を強固にプロテクションします。

 

 

成分

無溶剤オルガノシロキサン、無溶剤シリコン、特殊滑水剤、珪素

 

耐久性・特性

撥水能力 6ヶ月~2年(丁寧に扱って2年 ガレージ保管など)
プロテクション能力 2年~3年

 

硬度6H 厚み 約5ミクロン VOCフリー 1液硬化 強撥水 接触角約100°自動2層式 クォーツタイプ ドライ施工

 

 

コート剤価格表

 

分量 価格 適応量
3ml 3400円 ヘルメット約1.5個分 68cm×68cm
4ml 4000円
7ml 6800円 当店施工の場合ネイキッドバイク1台分
10ml 8800円 当店施工の場合フルカウルバイク1台分
12ml 10800円 当店施工の場合ビックツアラー1台分
20ml 14800円 小型の普通自動車約1台分

 

※上記は使用量の目安です。ご注意ください。

 

グラスグロスにはコート施工スポンジが付属します。

 

19mlまでは注射器での小分け 20ml以上は遮光瓶でのお届けとなります。

 

 

施工方法動画

 

 

説明書ダウンロード

 

 

 

 

 

注意事項

グラスグロスは常温1液硬化型 自動2層式のVOCフリータイプでケイ素濃度55%。

適度に固いという認識で、自動的に撥水トップコートとプロテクションベースコートが形成される2層式です。

一層式のガラスコートでトップコート剤をガラスコートの上にさらに塗るから2層式といっている物とは完全に別物です。

グラスグロスは初期硬化に夏季は24時間 冬季は48時間ほど要します。

初期硬化以内には水分等が当たらないように注意ください。

初期硬化以内に水分が付着し、放置しますとシミになる場合がございます。

初期硬化後でも カルキを含む水道水が付着したまま放置しないで下さい。

撥水作用につきシリカスケールが強固なものとなる場合がございます。

 

 

 

 

グラスグロスは完全硬化&塗装に化学的に完全密着するまで1ヶ月ほど有します。

グラスグロスは完成後もガラスコーティング溶解剤で除去する事ができます。

 

 

 

 

 

ガラスコート施工時 施工対象部位以外の密接しているパーツはマスキングをすることをお勧めいたします。 詳しくはマスキングの施工方法動画をご参考ください。

 

リアルコーティングの商材は、届く商品に説明書が付随しません。

ホームページ内にある施工説明書を必ず読んでから施工してください。

 

 

作業時の事故や施工対象素材への変色やダメージを防ぎ、安全・快適にお使いいただくため、適切な保護具(ゴーグル・手袋など)を着用の上、目立たない場所で必ずテスト作業を行い、不具合が無いことを確認後にお使い下さい。生じた損害等の責任は負いかねます。